Uqmobileでiphoneを利用するには2つの手順が必要です。

1つはUqmobileに申し込んでSIMカードを入手します。

UqmobileではAU系のSIMカードとなりますが、au VoLTE SIM対応等もあり、若干NTTドコモ系よりも複雑になってしまっています。

 

2つめはAPNの設定です。Uqmobileへ接続するための設定であり、APN設定方法は詳しくホームページに書かれている他、APNやIDなどが書かれている書類でも説明がされます。

また、IOSバージョンによってはプロファイルインストールをしてからの設定となるケースも多いです。

Uqmobileでのプロファイルインストールは簡単です。指定されたWebにアクセスすればよいです。

ただし、インストールする端末でアクセスしなくてはなりませんので、LTEが使えなければWIFIで繋ぐ必要があります。

まったくインターネット回線がない場合はフリーのWIFIスポットなどを利用して対応となります。

各格安SIMではプロファイルの代行インストールサポートはしてないので要注意です。

プロファイルがインストールできればiPhone使える種類(端末)が一気に増えます。

iOSバージョンアップでプロファイルが更新されるのでバージョンアップの度にプロファイルをアップする必要もでてきますが、ここ数バージョンを見る限りそれほど多くはありません。

バージョンが上がってもそのまま使える場合も多いです。

すでに格安SIMを利用している場合はプロファイルの公開待ち、インストールしてからIOSバージョンアップをすることをおすすめします。

iOS10では久々にプロファイルのアップデートが必要でした。

また、iphone7やiphone7PlusではiOS10がプリインストールされていましたのでプロファイルの更新が必要となりました。

格安SIMで運用する場合は通信回線をなんとか用意してプロファイルの更新をしてから利用することが必要です。

プロファイルがしっかりアップデートされていないとAPNを設定しても利用できないことが多いです。

APN設定方法はiphoneの場合は設定アプリから行います。

APNはIDとパスワード、そしてAPN名がもらえますのでそれぞれ設定すれば数分で電波がキャッチされます。

まれに電波をキャッチするのに時間がかかるケースもありますが、IDやパスワードが間違っていないなら再起動などをすれば使えるようになることが多いです。