0I9A858915070158white

ドコモ回線、au回線どちらの格安SIMがいいの?

 

昨今、月々のスマホの金額をかなり安くできる

格安SIM業者が次々と参入してきています。

 

もし今ドコモのスマホを利用しているのであれば、

格安SIMに乗り換えるのも有効な

選択肢の一つといえます。

 

選択肢の非常に多いドコモ系格安SIM業者

NTT_docomo_company_logos.svg

 

ドコモ系の格安SIM業者(MVNO)ですが、

実にいろいろなところがサービスを展開しています。

 

10単位で業者があるので、より自分にマッチした

格安SIMを見つけられるのがメリットです。

 

例えばどんな格安SIM業者(MVNO)があるの?

YUKA150701098458

たとえば、データ通信だけでなく音声通話も

しばしば行うのであれば楽天モバイルは、

他よりも安い月額料金で提供しているので

おすすめです。

 

楽天モバイルは楽天スーパーポイント

毎月の料金に応じて貯まる点も

見逃せないところです。

 

ドコモ系端末ではテザリングできない可能性が

PAK25_pctoiphonewokushi
ただし、ドコモ端末を使って

格安SIMを使う場合、デメリットもあります

 

現在、サービス提供している

格安SIM業者を見てみると、

ドコモ契約をしていた端末(Androidスマホ)を

格安SIMにそのまま使用する場合には

原則、テザリングが利用できません

 

ドコモ系の格安SIMだとテザリングは完全に出来ないの?

BON_verosumahokonwaku201502071458401

これはデータ通信を行う際の、

接続先(アクセスポイント)の設定をする

プログラムの問題が原因とされています。

 

もし、格安SIMを使ってテザリングをしたいなら

ドコモから発売されたAndroidスマホ以外か、

ドコモ版iPhoneSIMフリーのiPhone

SIMフリーAndroid端末を購入する必要が出てきます。

 

格安SIMも2年毎の契約更新になるんですか?

例えば、auで直接契約の場合、

いったん契約すると2年間は

そのスマホを利用し続ける必要があります。

 

解約することは可能ですが、

その場合、解約手数料(違約金)が

約1万円と結構かかってしまいます

 

格安SIMなら最低利用期間がない、または短いので安心

hoken-jyuusyo

格安SIMのメリットは、この契約期間が短く、

解約手数料を取られる可能性が低いことが

挙げられます。

 

例えば、満足度の高い人気の

格安SIM、mineo(マイネオ)の場合、

データ通信のみ、音声通話付きプランでも

解約金の発生する、最低利用期間がありません

 

 

選択肢の少ないau系スマホ・格安SIMサービス


ドコモ系の格安SIMサービスは多いのですが、

au系格安SIMのデメリットとして、

利用可能な格安SIM業者の少ないこと

挙げられます。

 

au回線の格安SIMの場合、

UQ mobileとmineoしか選択肢はありません

 

au系回線の格安SIMならどこがオススメなの?

PAK85_callcentergirl1292-thumb-1000xauto-16415

 

auのスマホやau版のiPhoneを利用しているのであれば、

mineo(マイネオ)をおすすめします。

 

家族とデータ容量を分け合える、パケットシェアだけでなく、

友人など誰にでもデータ容量を

送ることのできるパケットギフト、

複数回線割家族割といった各種割引も豊富で、

サービス面でもかなり充実しています

 

まとめ:自分に合った業者を選び、お得なスマホ生活をはじめましょう

tuwa.women

ここまで、ドコモ回線、au回線の格安SIMサービス、

メリット・デメリットを比較してきました。

 

いかがでしたか?

 

それぞれのサービスにメリット、デメリットは必ず

ありますので、契約前によく確認してから

選択することをオススメします。

 

当サイトでは、他にも月1000円台ではじめられる人気の

格安SIMランキングを紹介した記事や

通話定額のある格安SIMを紹介した記事もありますので、

そちらも参考にしてみてください。

 

 

月1000円台からはじめる人気の格安SIMランキングをみる

 

通話定額サービスのある格安SIMランキングをみる