現在、au回線に対応したiPhoneやスマホをお持ちの方、

料金を少しでも安くしたいと、au格安SIM(MVNO)を

検討されていると思います。

 

実は、auやドコモ、ソフトバンクなどの

大手携帯会社(キャリア)から、

格安SIMに乗り換えるだけで、

毎月6000円以上、年間70000円以上も

スマホ代を節約することができます。

 

私もドコモ、auでiPhoneを使っていて、

毎月8000円~最大で10000円近く支払っていましたが、

思い切ってmineo(マイネオ)に乗り換えることで、

毎月1700円台まで安くすることができました!

 

ちなみに、これは私のドコモ携帯料金明細ですが、

毎月8000円近く支払っていました。

 

 

 

mineoに乗り換えた後は、こうなりました。

 

実際に乗り換えてみて、この料金の安さにびっくりです。

月6000円以上節約することが出来ました!

 

毎月のスマホ代が高くて困る。。

どうにか節約できないかな?

と思っている方は、格安SIM(MVNO)への

乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

でも。。乗り換えって結構面倒なんでしょ?

 

いえいえ、お店に行かなくても、

ネット上で申し込み、乗り換えが完了します。

 

さらに、格安SIMカードが届いてから、

今の回線との切り替えをしますので、

電話が使えない期間がありません

 

安心して乗り換えできますよ。

 

 

今回は、au回線の格安SIM(MVNO)である、

mineo(マイネオ)とUQmobile(UQモバイル)の

料金・速度を比較し、それぞれの特徴やオススメしたい点などを

ご紹介します。

 

mineo(マイネオ)とUQmobileのどちらかで迷われている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

mineoとUQmobileの料金比較!どっちが安いの?

 

まずは、格安SIMへ乗り換える際に一番気になる、

料金を比較していきます。

 

mineo(Aプラン)の料金プラン

 

mineo Aプラン(au回線)

mineo(マイネオ)auプラン料金表

※通話等金は、20円/30秒です。

 

mineoはデータ通信のみなら、

最安で700円(500MB)から使えます。

 

また、データ容量も500MBから10GBまでと

幅広いので、主にメールやLINEが多い方や

YouTube等で動画をよく観られる方にも

幅広く対応しています。

 

例えば、最初は3GBで足りていたけど、

5GBは必要だな。。

 

逆に、1GBで足りるな~という場合でも、

プランの変更が柔軟に行えるのが、

mineo(マイネオ)料金プランの魅力です。

 

家族でも一人でも割引になるサービスがある?

 

また、家族で複数回線契約した場合に適用される「家族割」、

一人で複数回線契約した場合に適用される「複数回線割」などの

割引サービスがありますので、さらに安くできます。

 

 

毎月6000円、年間7万円以上節約できる格安SIMはコチラ

⇒ mineo公式サイト

 

 

 

 

UQmobileの料金プラン

UQmobile(au回線)

 

UQmobileの料金プランは主に4つあります。

1.高速データ通信の可能な、データ高速プラン(3GB)

2.速度は遅いですが、無制限に通信が可能なデータ無制限プラン

3.5分間定額通話、最大2年間データ2GBから使える、おしゃべりプラン

4.最大2年間60分(2400円)/月の無料通話が付いた、ぴったりプランです。

 

データ3GB、データ通信無制限プラン

※税抜価格です。

 

月のデータ量が3GBもあれば足りるという方や

速度は遅くてもいいから、無制限で使いたいという方は、

こちらのプランが候補に入ります。

 

 

5分以内何度でも定額?無料通話付きプランもある?

※税抜価格です。

※ぴったりプラン、おしゃべりプランについては、2年間の縛りがあります。

※最大2年間データ容量が2倍になるキャンペーン、ぴったりプランについては、最大2年間無料通話が2倍になるキャンペーンが適用された金額、容量です。

 

UQmobileでは、

最大2年間は、データ容量も2倍で、ぴったりプランについては、

無料通話分も2倍になるキャンペーンをやっています。

 

5分以内の短時間の通話発信が多い方には、「おしゃべりプラン」。

また、月に1時間以上程度通話される方なら、「ぴったりプラン」が、

候補になると思います。

 

ただ、このおしゃべりプラン、ぴったりプランについては、2年間の縛りが

ありますので、2年間は他の料金プランに変更したり、他社に乗り換えると

違約金(約1万円)が発生しますので、注意が必要です。

 

通話が多くても、料金を安くできる!?オススメ格安SIMはコチラ

⇒ UQmobile公式サイト

 

 

 

データ通信を使う人も使わない人もmineoがお得?

 

ここで再度、mineoとuqmobileの料金プラン(音声付き)を

一覧表で比較してみます。

 

 

データ容量mineo(マイネオ)
(Aプラン)
UQmobile
500MB1310円/月-
1GB1410円/月-
2GB-1980円/月
(1年間、2年目より+1000円)
3GB1510円/月1680円/月
5GB2190円/月-
6GB-2980円/月
(1年間、2年目より+1000円)
10GB3130円/月-
14GB-4980円/月
(1年間、2年目より+1000円)
データ無制限-2680円/月
5分以内通話定額850円/月追加で
可能(オプション)
おしゃべりプラン
無料通話の有無840円~1680円/月
追加で可能
(30分~60分)
ぴったりプラン
(最大60~180分/月)

※税抜価格です。

 

mineo(マイネオ)とUQmobileの料金プランは、内容が異なる部分が多いので、

単純な比較は、難しいと思います。

 

メールやLINEしか使わない方なら、1GBあれば十分かもしれません。

 

しかし、1GBだとLINEで画像を送ったり、LINE無料通話をすると、

データ通信量を超過してしまう可能性があります。

 

そのため、多くの方は、3GBプランを

選ばれる方が多いようです。(私も3GBです)

 

mineo(マイネオ)なら、

データ通信3GBプランが、900円(税抜)から、

音声付き3GBなら、1510円から利用することができますので、

UQmobileよりも、mineo(マイネオ)の方がお得です。

 

一方で、動画やYouTubeをよく観る方は、mineo(マイネオ)の

10GBプランがオススメです。

 

10GBあれば毎日ガンガン映画を観ない限りは、

データ通信容量の上限を超えることは少ないと思います。

 

mineoとは違い、UQmobileにはデータ無制限プランがありますが、

速度が極端に遅いため、動画視聴には不向きです。

 

料金プランの豊富さ、料金のバランス・安さで選ぶなら、

mineo(マイネオ)が、オススメです。

 

一年で7万円以上節約できる格安SIMはコチラ

⇒ mineo公式サイト

 

 

 

au iPhoneも使える?mineoならどのiPhoneも使えるの?

料金プランは分かったけど、

実際の契約前に自分のiPhoneで使えるのかどうか知りたい。

そう思われていると思います。

 

ここでは、au 版iPhoneの対応状況を比較してみます。

 

mineo(マイネオ)のau版iPhone対応状況は?

機種名SIMカード種別データ通信音声通話テザリングSMS動作確認バージョンSIMロック解除
iPhone 7 Plusnano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし
iPhone 7nano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし
iPhone SEnano
または
au VoLTE
(nano)
×iOS10.3.1
(14E304)
nanoSIMは必要なし

VoLTE SIMは必要
iPhone 6s Plusnano
または
au VoLTE
(nano)
×iOS10.3.1
(14E304)
nanoSIMは必要なし

VoLTE SIMは必要
iPhone 6snano
または
au VoLTE
(nano)
×iOS10.3.1
(14E304)
nanoSIMは必要なし

VoLTE SIMは必要
iPhone 6 Plusnano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし
iPhone6nano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし
iPhone 5snano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし
iPhone 5cnano×iOS10.3.1
(14E304)
必要なし

 

 

 

UQmobileのiPhone対応状況

機種名SIMカード種別データ通信音声通話テザリングSMS動作確認バージョンSIMロック解除
iPhone SE
(au/ドコモ/SB版)
マルチSIM
(nano)
iOS10.3.1
必要
iPhone 6s Plus
(au/ドコモ/SB版)
マルチSIM
(nano)
iOS10.3.1
必要
iPhone 6s
(au/ドコモ/SB版)
マルチSIM
(nano)
iOS10.3.1
必要
iPhone 6
(au版)
nanoSIM
(専用)
iOS10.3.1
不要
iPhone 6 Plus
(au版)
nanoSIM
(専用)
iOS10.3.1
不要

 

mineo(マイネオ)は、UQmobileと比べて、

対応しているiPhoneの種類が多いです。

 

iPhone5cからiPhone7まで、

ほぼすべてのau版iPhoneに対応していることになります。

 

 

mineoにもデメリットがあるってホント?

 

しかし、そんなmineoにもデメリットがあります。

 

それは、mineo(マイネオ)Aプランでは、

iPhoneでテザリングが一切できないことです。

(mineoのDプラン(ドコモ)なら可能です。)

 

一方でUQmobileは、対応している端末の種類は少ないですが、

au版iPhoneでもテザリングが可能です。

 

そのため、テザリングしたい方は、

UQmobileまたはSIMロック解除後に

mineoDプラン(ドコモ)で利用されることを

オススメします。

 

au版iPhoneでテザリングができないという

デメリットはありますが、

iPhoneの端末対応状況で比較しても、

mineo(マイネオ)の方が安心して使えます。

 

 

今持ってるiPhoneで、そのまま乗り換えるならコチラ

⇒ mineo公式サイト

 

 

mineoとUQmobileの速度比較!どっちが速いの?

 

料金の次に気になるのは、ちゃんと繋がるのか、

速度は遅くない?速いの?

だと思います。

 

通信速度は常に変動がありますので、

毎回確実に同じ速度が維持できるものではありません。

 

しかし、実際に契約したのに、遅すぎてストレスが

溜まるようであれば、いくら安くても意味がありません。

 

そこで、mineo(Aプラン)、UQmobileの実際の速度を

計測してみましたので、ご紹介します。

 

測定日時: 2017年4月21~23日(平均)

測定場所: 沖縄県那覇市

測定端末: iPhone6s Plus(SIMロック解除済み)

 

朝 7:30頃

 

お昼 12:30頃

 

夜 20:30頃

 

通信速度を久しぶりに測定してみましたが、

やはり、UQmobileは爆速です。。

 

mineoも格安SIMの中では速度が安定していて、

それなりに頑張っていますが、業界最速の

UQmobileには追いつけませんでした。

 

 

値段も気になるけど、やっぱり速度最優先!の方には

⇒ UQmobile公式サイト

 

 

ただ、速さだけで比較するとUQmobileには

勝てませんが、夜の時間以外は、mineoも

けっこう頑張っていると思います。

 

結論として、映画や動画の視聴が多い方でも、

mineoの速度であれば、十分だと思います。

 

実際、私も動画を観ますが、途中で止まったり、

遅くてストレスに感じたことは、ありません。

 

どちらの格安SIMも十分な速度がありますので、

遅すぎて繋がらない、動画が止まるなどの心配は

不要だと思います。

 

※通信速度は常に変動します、必ずこの速度が出るという保証は出来ませんので、その点ご注意ください。

 

 

 

格安SIMにするだけで、1年で7万円以上節約できる!

 

mineoとUQmobileの料金プラン、端末対応、速度を比較してきました。

 

いかがでしたか?

 

格安SIM(MVNO)に乗り換える一番の理由は、

やはり「料金を安くしたい」ことだと思います。

 

初めにも載せましたが、大手キャリア(携帯会社)から、

格安SIM(MVNO)に乗り換えるだけで、

毎月6000円以上、年間で70000円以上も節約できます。

 

乗り換え前

 

格安SIMへ乗り換え後

 

さらにmineo(マイネオ)の料金シミュレーターを使って、

2年間でどのくらい安くなるのか調べてみました。

 

 

なんと、2年間で15万円以上も安くなります!

 

15万円あったら。。海外旅行に行けますよね!

格安SIMに乗り換えるだけで、

これだけ携帯代を節約することができるんです。

 

今お使いのスマホやiPhoneから、mineo(マイネオ)へ

電話番号そのままで、簡単に乗り換えることが可能です。

 

毎月の携帯料金を少しでも安くしたい、

節約したいと考えている方は、

ぜひ参考にしてみてください。

 

年間7万円以上も携帯代が節約できる格安SIMはコチラ

⇒  mineo公式サイト