15524881120_2fce760340_o

au iPhone6s、iPadmini4のSIMロックを解除する方法とは?

 

総務省からの要請により、
2015年5月以降に販売された
スマートフォンやタブレットについては、
SIMロック解除が義務化されました

 

日本で最もシェア率の高い
スマートフォンであるiPhoneや、
シェア率の高いタブレットである
iPadについても、
シムロック解除が可能となり
利便性が大きく高まりました。

 

今回は、au版のiPhoneやiPadの
SIMロック解除について解説をします。

 

SIMロック解除ができるiPhoneとiPadは?

10909465023_0170c72a6e_b
SIMロック解除が
義務付けられているのは、
2015年5月以降
販売された端末となっています。

 

具体的にはどのモデルからSIMロック解除可能なの?

YUKA150701098458
auの場合はそれ以前から、
iPhoneやiPadの販売がされており、
シリーズでいうと、iPhone4S、
iPad Retinaディスプレイ(第4世代)
iPad miniから取り扱いがあります。

 

しかし、SIMロック解除ができるのは
iPhone6s/6s Plus
iPad Pro以降に販売された
モデルとなっています。

 

なお、iPad miniの場合は
iPad mini4からとなります

 

SIMロック解除のメリットとは?

VER88_keitaimachiuke15150305
SIMロック解除を行なうことで、
どの通信事業者のSIMカード
でも利用が可能となります。

 

これにより、MVNOの格安SIMで
利用ができますし、
海外へ行った際には、
現地の安いプリペイドSIMカードを、
手持ちの端末にさして
そのまま使うことが可能になります。

 

SIMロック解除の条件はあるの?

VER88_sumafonayamu15150207
auの場合は、端末を購入した後、
すぐにSIMロック解除
できるわけではありません。

 

端末を購入してから
約6ヶ月が経過した後に
SIMロック解除が可能となるので
一定期間はSIMロック解除を
しないで使い続ける必要があります。

 

SIMロック解除の方法は?

15233374520_abea3a452a_b
auの場合は2種類の方法
用意されています。

 

一つ目は、auの「お客様サポート」
ページから申し込みをする方法で、
この方法の場合は
手数料無料でSIMロック解除ができます

 

二つ目がauショップで行う方法で、
こちらは3000円の手数料がかかります

 

まとめ:SIMロック解除することで、スマホ代は劇的に安くできる

YUKA150701278561
SIMロック解除は、
端末を購入してから
約半年待つことで可能となります

 

インターネットでの手続きに
不安がなければ、
手数料がかからない、
Webでの手続きがおすすめです

 

一方で、インターネットでの
手続きに不安がある人でも、
auショップへ行けば無理なく
手続きをしてもらうことができるので、
SIMロック解除のためのハードルは
決して高くはないと言えるでしょう。

 

当サイトでは、au回線を提供しているMVNOの

UQmobileとmineoを比較した記事や、

人気の格安SIM(MVNO)の比較記事も

ありますので、そちらも参考にしてみてください。

 

UQmobileとmineoの比較記事をみる

 

人気のオススメ格安SIMランキングをみる