ss76_garaketachi14171226

 

本当のところ、大手キャリアと格安SIMってどっちがお得なの?

スマートフォンを安く利用できる
格安SIMが拡大したことも影響し、
ドコモ、au、ソフトバンクの
大手携帯3社も従来よりも
安い料金プランを打ち出しました。

大手携帯キャリアとMVNOが提供する
格安SIMでは基本料金に
どのくらいの違いがあるのか解説をします。

格安SIMの料金はどのくらい?

ss76_simmotuyo14172412
格安SIM(MVNO)が提供する

一般的なプランの場合、
月額3GBまでの高速通信が可能な
音声通話機能付きSIMで
月額1600円からとなっています

なお、通話料については従量制で、
30秒につき20円かかるケースが
多いです。

ドコモのプランはいくらから?

NTT_docomo_company_logos.svg

 

5分以内の通話が
かけ放題になる基本プランと、
家族間で5GBの通信量を
分け合えるプランが新たに加わりました。

家族3人で利用した場合、
一人あたり月々4500円から
利用できる仕組みとなっています。

auの料金は?

Au_2012_newlogo.svg

 

5分以内の通話がかけ放題になるプランに、
通信量が1GBとなるプランが加わりました。

これにより、月額4900円から
スマートフォンの運用が
可能となっています。

ソフトバンクのプランはどのくらい?

SoftBank_logo_square
auと内容は殆んど同じで、
5分以内の通話がし放題になり、
通信量が1GBのプランが加わりました。

月額の基本料金もauと同じく
4900円からとなっています。

大手携帯キャリア3社の新プランを比較

DI_IMG_5705
単身で契約するのならば、
auかソフトバンクがお得で、
3人以上の家族
まとめて契約するならば、
ドコモがお得となっています。

 

なお、ドコモの新プランの場合は
2人家族で契約した場合
一人あたりの基本料金が
5500円からとなってしまうので、
注意が必要です。

 

また、auやソフトバンクの
1GBプランの場合、端末購入時の
割引サポート等が
適用されない場合がありますので、
注意が必要です。

 

通話をよくする人におすすめのMVNO

YUKA863_guukawatel15203926
こうして基本使用料を比較してみますと、
MVNOの格安SIMが
圧倒的に安いことがよくわかります。

 

しかし、デメリットもあります。

 

格安SIMの場合は、
無料通話分が無いので
通話をよくする人の場合は、
トータルの料金が
高くなってしまうこともあります

 

通話をよくする人におすすめなのが、
楽天モバイルの格安SIMになります。

楽天モバイルSIMの特徴は?

楽天モバイル:楽天モバイル(格安スマホ、SIM)が選ばれる理由2
楽天モバイルの場合は、オプションとして、
大手携帯キャリアと同様に
5分以内の通話がかけ放題
になるオプションがあります。

 

オプション料金と毎月3.1GBまで
高速通信ができる
音声通話機能付きSIMを組み合わせた場合、
毎月の基本使用料は2450円からとなります。

まとめ:短時間の通話が多い方でも、格安SIMがお得!

tuwa.women
通話を余りしないのであれば、
大手携帯キャリアよりも
格安SIMの方がお得です。

 

また、通話をよくする場合でも、
楽天モバイルを選ぶことで、
大手携帯キャリアよりも
ずっと安い料金で利用できます

 

通信料の節約を考えるなら、
楽天モバイルの
格安SIMの利用がおすすめです。

 

楽天モバイルを含めた、他の通話定額が

可能な、人気格安SIM

比較ランキング記事もありますので、

ぜひ、参考にしてみてください。

 

通話定額サービスのある人気格安SIMランキング