<MVNOとは?>

MVNOとは、”Mobile Virtual Network

Operator”の略で、他社から携帯電話回線など

無線通信インフラを借りてサービスを

提供する事業者のことです。

 

携帯料金節約したいというニーズから

格安SIMや格安スマホが注目されていますが、

この格安SIMサービスには、MVNOとして

ドコモ回線を借りているドコモ系格安SIMと、

au回線を借りているau系格安SIMがあります。

 

 

<格安SIMでテザリングする場合の注意点>

iPhoneをはじめとするスマートフォンで

便利な機能のひとつとして、

テザリング機能があります。

 

このテザリング機能を活用することで、

複数の端末がある場合には通信費節約を

することもできます。

 

格安SIMでも、テザリングを利用する

ことはできます。

ただし、キャリアによってテザリングが

使えるスマートフォンに制限があります。

 

 

<格安SIMで使えるスマートフォンは?>

まずドコモ系格安SIMの場合、

iPhoneでは問題なく利用できますが、

Androidの場合はSIMフリーの

スマートフォンのみとなります。

SIMロック解除していても利用できません。

 

au系格安SIMの場合、Androidであれば

SIMフリーでもauスマホでも利用できますが

iPhoneではテザリングを利用できません。

 

 

<テザリングにはどの格安SIMがオススメ?>

格安SIMでテザリングを利用する場合、

ドコモ系格安SIMの方がiPhoneにも

Androidにも対応しているためオススメです。

 

しかしドコモ系格安SIMは数が多く、

どれがいいのでしょうか。

 

 

<テザリングで格安SIMを選ぶポイント>

テザリングを利用することが前提であれば、

大容量プランまたは無制限プランが

あるものを選ぶことがポイントです。

スマートフォンだけでなく、他の端末からも

インターネットに接続することになり

通信費が多くなりやすいからです。

 

 

<テザリングにオススメの格安SIM>

1.mineo(マイネオ)

 

mineo(マイネオ)は最大10GBの大容量プランが

2,520円から用意されています。

また、余ったデータ通信量は翌月に

持ち越されるだけでなく、ネット通信速度や

品質の安定性、満足度に定評があり安心して使用することができます。

 

 

2.DMMmobile

 

さらに安価に大容量の

データ通信プランを使用したい方には、

業界最安値のDMMmobileがオススメです。

 

10GBプランなら月額2190円から、

15GBプランなら、月3600円から

利用することができます。

 

 

 

 

料金プランは途中で変更できる場合も多く、

スマホ代節約以外にもメリットがあるので

利用目的に合わせて格安SIMを

検討してみてください。