iphoneSEはひさびさに出た小型のiphoneとして人気が出ていますが、uqmobileなどの格安SIMで利用できるかが気になるという方が多いようです。理由としてはひさびさの新ラインナップであること、最新のiOSバージョンが搭載されているからです。

格安SIMではiphoneの対応が各サービスでかなりことなります。特にAU系の回線についてはいくつか問題が発生していることも多く、iOSバージョンアップは非常に悩む方が多いのです。iOSのバージョンアップで問題となるのはAU系だけではなく、NTTドコモ系の回線でも同様ですが、NTTドコモ系の場合は比較的動作保証がすぐに出る傾向が強いのでAU系との差が問題となっています。

mineoなどのAU系の回線でiphoneを利用する場合の最大の問題は通話ができなくなるケースがあるからです。iphoneはアップルがすべて管理していますが、mineoなどの格安SIMについては動作保証をしていません。AUについては補償されますが、格安SIM側は独自に動作保証を出しているのです。

NTTドコモ系の格安SIMでも同様ですが、AU系の場合はAUでの独自機能が多数あることから格安SIM側での動作保証が遅れる傾向があります。AU系のサービスで問題となるのはAUで販売されたiphoneやipadのみです。SIMフリーで販売されたiphoneやipadは問題なく利用できるケースが多いです。

特に問題となるのがau VoLTE SIMとテザリングです。au VoLTE SIMについては特に動作検証が遅れる傾向が強いのでAUで販売された端末をmineoなどで利用する場合は注意が必要です。iOS10になったときも動作保証が時間がかかっています。

また、テザリングについても注意したいところです。

SIMフリー機の場合はテザリングが生かされていますが、AUで販売された端末はSIMロックを外した機種でもテザリングが復活しないケースが多くなっており、格安SIMで利用する場合も問題となっています。テザリングやau VoLTE SIMなどへの対応については各サービスで公開されているので注意しておきたいポイントです。

iphoneSEについても両者の問題は出ているサービスが多くなっています。NTTドコモで販売されたiphoneSEについては問題なくiOS10でも利用できるように設定されています。