15233535047_d067d3a247_o

「今持っているiPhoneで、そのまま格安SIMが使える?」

※2016年10月6日 情報を更新しました。

 

本当です。

 

ただし、全てのiPhoneが格安SIMで使える、

というわけではなく、今お持ちのiPhoneの種類や

バージョンによって、そのまま使える場合と

そうでない場合がありますので注意が必要です。

 

もし、お持ちのiPhoneが

そのまま格安SIMで使用できるものなら、

次に格安SIMに申し込み、届いた格安SIMを

iPhoneに入れて、簡単な設定を行うだけで、

すぐに使うことができます。

 

※設定時にはWiFi接続が必要です。

(auまたはドコモのiPhoneをお持ちならそのまま使うことができます。)

 

また、今持っているiPhoneの調子が悪い、

最新でなくてもいいから、今よりも新しいiPhoneにしたい、

というような場合でもiPhone5sなら3万円台、

iPhone6なら4万円台からネットで購入することができます。

 

最近話題の格安スマホでも

2〜4万円はしますので、長く使うことを考えれば、

iPhoneを購入したほうがよいかもしれません。

 

 

「iPhoneが格安SIMでも使えることはわかったけど、具体的にはどのiPhoneが使えるの?」

IPhone_6_unboxing

格安SIMに対応しているiPhoneは、

ドコモ版iPhone、au版iPhone、

ソフトバンク版iPhone(SIMロック解除後)、

SIMフリー版iPhoneの4種類です。

 

1.ドコモ版iPhoneを持っている場合

ドコモ版iPhoneをお持ちの場合は、

そのまま格安SIMで運用できます。

 

ドコモ版iPhone5c、iPhone5s、

iPhone6/6Plus、iPhone6s/6s Plus、

iPhoneSE、iPhone7/7Plusなど

全てのドコモ版iPhoneで、

格安SIM(ドコモ回線利用の)が利用できます。

 

 

2.au版iPhoneを持っている場合

au版iPhoneの場合、

iPhone5c/5s、iPhone6/6Plus、

iPhone6s/6s Plus、iPhoneSE、

iPhone7/7Plusが格安SIM

(au回線利用の)で使えます。

 

ただし、au版iPhoneで格安SIMを使う場合、

注意が必要な点がいくつかあります。

 

signs-24034_960_720

 

注意点その1

au版iPhoneでは、

格安SIMでテザリングができない(使えない)。

 

注意点その2

au版iPhone5c/5sの場合、

iosのバージョンが7.1.2でないと使えない。

それ以外のバージョンだと、音声通話は可能ですが、

データ通信が出来なくなります。

mineoは、au版iPhone5c/5sでも、

iOS10で音声通話・データ通信

正式に対応しました!

 

iPhone6/6Plus、iPhone6s/6s Plusの場合も、

iOS9.3.5やiOS10.0.1(10.0.2)などで、

テザリング以外は問題なく使用できます。

(私もau版iPhone6を使用しています)

 

※au版iPhoneの格安SIMについては、

別記事で詳しく説明しています。

 

どうしてもテザリングが必要な方は、

ドコモ版iPhoneの購入をおすすめします。

 

 

3.SIMフリー版iPhoneの場合

SIMフリー版のiPhoneをお持ちなら、

iPhone4sから最新のiPhone7(7plus含む)までの

iPhoneで格安SIM(ドコモ回線利用の)が

利用できます。

 

au回線を利用した格安SIMの場合は、

iPhone5cから利用可能です。

 

4.ソフトバンク版iPhoneを持っている場合

この場合は、以下の条件の場合に限って、

格安SIM(MVNO)でも利用することができます。

 

・iPhone6s以降の機種

さらに

・SIMロック解除がされていること

 

 

SIMロック解除された、iPhone6s以降の機種なら、

ドコモ回線を利用した格安SIMや

au回線を利用した格安SIMでも

使用することができます

 

「使えるiPhoneはわかったけど、じゃあ格安SIMはどこがいいの?」

IPhone_sim_slot

 

現在、格安SIMを提供している、

MVNO(仮想移動体通信事業者)

と呼ばれる事業者は20社以上あります。

 

正直多すぎて、どの会社がよいのか迷ってしまい

自分では選びきれない!という方もいらっしゃると思います。

 

そこで、格安SIMでiPhoneを使う場合にオススメしたい

格安SIM会社(MVNO)3つをまとめてみました。

 

ドコモ回線の格安SIMオススメランキング!

 

1.DMM mobile

格安SIMを選ぶなら、断然DMM mobileがおトク!2

月額料金をとにかく安くしたい、

料金重視の方にオススメしたいのが、

DMM mobileです。

 

月額440円(200kbps)(税抜)〜

プランを選べますし、標準的な3GBプランでも

850円(税抜)からと、他の格安SIMと比べても

最安値レベルです。

 

業界最安の月額プランを提供しており、

プラン数も一番多く、通信速度、

通信の安定性においても優れています。

 

安く、安定した速度で格安SIMを利用したい方へ、

一番にオススメしたい格安SIMになります。

 

⇒詳しくはコチラ DMMモバイル

 

 

 

2. mineo(マイネオ)

 

今までは、au回線のみを利用した格安SIMを

提供していましたが、現在は、ドコモ回線、au回線、

両方の回線を利用した格安SIMを提供しています。

 

月額料金も格安で、通信速度も速く、

接続も安定しています。

 

au版iPhoneを使用している方にはもちろん、

他のドコモ回線系格安SIM会社と比べても

通信速度が速いため、ドコモ版iPhoneを

利用している方へもオススメです!

 

マイネオは非常にサービス品質が高く、

サポートも充実しています。

 

最新のiPhoneや最新のiosバージョンが

発表された場合もマイネオで利用可能なのか検証し、

遅くても数日中には公式サイトに

利用可否が発表されますので、

安心して利用することができます。

 

 

他にも

・余ったデータ容量は翌月まで繰り越し可能

・余ったデータ容量は「パケットシェア」サービスで

家族などに分け合うことができる。

 

・最低利用期間と解約時の清算金を撤廃し、

解約時に解約金が発生しなくなりました!

 

ただし、12か月以内に他社へMNPした場合

解約金が発生してしまいますので、注意が必要。

 

・au回線利用プランとドコモ回線利用プランを

2000円で切り替えることが可能。

au版iPhoneからドコモ版iPhoneに

買い替えた場合も切り替えるだけで利用できます。

 

といった特徴があります。

 

利用者が増えると通信速度が落ちたり、

接続が不安定になるMVNOが多いですが、

マイネオはサービス開始から

常に安定した通信速度と接続環境を維持しています。

 

料金と品質、豊富なサービスを提供しているマイネオは

自信をもってオススメできる格安SIM会社です。

 

⇒詳細はこちらから mineo(マイネオ)

 

 

 

3.OCNモバイルONE

データ通信専用SIM | OCN モバイル ONE

次にオススメしたいのが、

NTTコミュニケーションズが提供する、

OCNモバイルONEです。

 

国内のMVNO(格安SIM会社)で

No1のシェアを誇るサービスです。

 

プランの種類も多彩で、

一日あたり110MBのプラン、

月あたり3GB〜5GBのプラン等、

自分の使用状況にあったプランを選ぶことができます。

 

最大の特徴は、他の格安SIM会社に設定されている、

「●●MB以上は速度制限がかかります」といった、

通信制限(速度制限)がないこと!

 

 

また、同社が提供している

IP電話サービスの「050Plus」、

写真や動画・ファイル等が保存できる、

オンラインストレージサービス(クラウドサービス)の

「マイポケット」等を利用する際は、データ容量が

カウントされない「カウントフリー機能」があり、

通信容量を消費せずに利用することができます。

 

通信速度や通信の安定性もあり、速度制限もなし

また、NTTグループということもあり、

サービスの品質が高く、ネットでの評判も良いです。

 

さらに、プランやサービス内容等も定期的に改善や

サービス向上が行われており、

多くの利用者にオススメできる格安SIMになっています。

 

⇒詳細はこちらから OCNモバイルONE