15980667951_12712ece6d

「iPhoneでもMVNOの格安SIMは使えます!」

 

iphoneをmvno(格安SIM)で使いたいんだけど、

どの格安simでも使えるの?

という質問をよく見かけますが、mvno(格安sim)で

全てのiphoneが使えるわけではありません。

 

自分が持っているiphoneの種類によって、

答えが変わります。

 

iphoneを格安SIMで使用する前に、

自分の持っているまたは、

これから購入する予定のiphoneが

どちらのiphoneなのかを把握する必要があります。

 

なぜなら、iphoneには「キャリア版」と

「SIMフリー版」のiphoneがあるからです。

 

「キャリア版iPhone」を使用する場合

国内で販売されているiPhoneで一番多いのは、

大手キャリアのdocomo(ドコモ)、

au(KDDI、沖縄セルラー)、

softbank(ソフトバンク)のものです。

 

基本的にキャリア版のiPhoneは

他社でiPhoneが利用できないように、

SIMロックがかかっています。

 

また、キャリアによって

電波の種類(周波数帯)が微妙に異なるので、

格安SIMでの運用は難しい場合もあります。

 

しかし、キャリア版のiPhoneは

SIMフリー版と比べて、

中古や新品未使用品の場合でも、

オークションやマーケット等を介せば、

比較的格安で手に入れることができます。

 

また、現在キャリアと契約されている方なら、

現在使用しているiPhoneを

そのまま使用できる場合がありますので、

番号はそのままで格安SIMへ

MNP(乗り換え)してしまうのがいいでしょう。

 

 

 

1.docomo(ドコモ)版iphoneの場合

NTT_docomo_company_logos.svg

ほぼ全てのMVNO(格安SIM)で使用できます。

そのため、オークションやマーケットでの価格も

他キャリア版と比べて割高になっています。

 

しかし、SIMロック解除なしで

格安SIMがそのまま使える、

iphoneでもテザリングができる

(au回線を使用したMVNOではテザリングができません)、

MVNOとiphoneの相性問題がほとんど発生しない等、

利点が多数あり、一番安定して使えます。

 

よほどの理由がない限りは、

docomo版iphoneをおすすめします。

 

 

 

 

2.au(KDDI、沖縄セルラー)の場合

Au_2012_newlogo.svg

ios9以降のiphoneの場合、

通話・通信ともに利用できるのは、

iphone6/6s(Plusも含む)のみです。

また、テザリングが使用できないといったデメリットもあります。

 

そのため、現在au版のiPhoneを持っている方は別として、

新たに購入することは基本的にオススメしません。

 

 

 

3.SoftBank(ソフトバンク)の場合

SoftBank_logo_square

ソフトバンク版のiphoneでは残念ながら、

格安SIM運用はできません。

 

理由として、ソフトバンク回線を使用した

MVNO(格安SIM)が存在しないためです。

 

強制的にSIMロック解除をする方法等もありますが、

安定性に欠けるため諦めたほうが賢明です。

 

「SIMフリー版iPhoneを購入して格安SIMを使う」

この方法が一番安全でわかりやすく、

相性などの問題が起こりにくいパターンです。

 

ほぼ全ての格安SIMに対応していますので、

安心して使うことができます。

 

このように利点は多いのですが、

キャリア版のiPhoneと比べて割高なのがデメリットです。

 

 

「docomo版、SIMフリー版iPhoneを使うなら、どのMVNO(格安SIM)がオススメなの?」

SIMフリー版やdocomo版のiPhoneで

格安SIMを使うなら、

ドコモのネットワークを使用している、

OCNモバイルONEがオススメです。

 

他にもdocomo回線を使用している

格安SIM会社はあるのですが、

OCNモバイルONEをおすすめする理由が3つあります。

 

おすすめする理由その1

「格安SIMカードシェアNo.1の安心と信頼性」

OCNモバイルONEは、

NTTコミュニケーションズが提供するサービスです。

 

通信会社が提供する格安SIMサービスで、

シェアNo1になるほどの安心と信頼性があります。

 

サポートも充実していますので、

何か困ったことや疑問に思うことがあっても

すぐに相談できる安心感があります。

 

 

おすすめする理由その2

「他社にはない独自のプラン」

他社では基本的に

月単位(一か月3GBまで等)のプランのみですが、

OCNモバイルONEは、日単位

(一日あたり110MBまで使用可能など)

のプランが選択できます。

 

自分のデータ使用量(使用スタイル)に応じて、

自由にプランを選ぶことができます。

 

また、毎月1回はプランの変更が可能ですので、

翌月のデータ通信量を予測して小さくしたり、

大きくしたりと、変更することで、

さらなる料金の節約にもつなげることができます。

 

さらに、使いきれずに余ったデータ容量を

繰り越すことができます。

 

日単位プランなら翌日に、

月単位のプランなら翌月に

自動で繰り越せますので、

データの無駄がありません。

 

おすすめする理由その3

「安定した接続と満足できる通信速度」

格安SIMを契約して、料金が安くなるのは

喜ばしいことですが、「繋がらない」、

「速度が遅い」、「動画が止まる」

なんてことが頻回にあると、

高くても速度の安定している、

大手キャリアと契約したほうが

いいと思ってしまいますよね。

 

その点、OCNモバイルONEは

「繋がらない」、「速度が遅い」、

「動画が止まる」ことはほとんどありません。

 

また、速度が遅くなる時間帯

「12時頃、18時ごろ、22時頃」でも

著しい速度の低下がみられませんでした。

 

通信の接続と速度が安定している点がオススメです。

 

「ちなみに、大手キャリアとOCNモバイルONEで、どのくらい料金の違いがあるの?」

 

 

docomo    

au        

SoftBank 

OCNモバイルONE     

(音声SIM)

料金プラン

2700円

(カケホーダイ)

2700円

(電話カケ放題)

2700円

(通話し放題)

700円

(音声SIM利用)

インターネット
接続料金

300円

(spモード)

300円

(LTE NET)

300円

(S!ベーシック)

なし

110MB/日

なし

なし

なし

900円

170MB/日

なし

なし

なし

1380円

3GB/月

3500円

3500円

3500円

1100円

5GB/月

5000円

5000円

5000円

1450円

 

標準的な5GBのプランと比べてみると、

大手キャリアだと8000円(税抜)、

OCNモバイルONEだと2150円(税抜)となり、

約6000円ほど安く運用できる計算になります。

 

もちろん、通話が定額ではないので、

通話が多い方は工夫する必要がありますが、

通話がそれほど多くない方にとっては、

半分以上料金を抑えることができます。

 

格安SIMをiphoneで使うなら、

安くて、通信が安定した

信頼できるサービスで使いたいですよね。

 

また、OCNモバイルONEのテザリング

利用について、別記事でも詳しく

解説しています。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

OCNモバイルONEでテザリング出来るのはどの組み合わせ?