uqmobileではiPhone使える種類(端末)が限定されます。

 

また、動作ができる場合でも残念ながら一部の機種ではテザリングやVoLTEが利用できなくなります。

 

uqmobileに限った話ではなく、mineoでも同様の対応となっています。

 

AU系の格安SIMを利用する場合にAUで販売されたiPhone6s/6sPlus、iPhoneSE、そしてiPhone7/7Plusを利用する場合はいくつか注意しておきたいポイントがあります。

AU系の格安SIMサービスでiphone端末を利用する場合の注意点の1つめはIOSのバージョンです。

ios10が登場した際も問題となりましたが、各iOSのバージョンアップでは通信キャリア以外の通信サービスでは端末が利用できなくなるケースが多いです。

これはIOSがバージョンアップしたことで格安SIMサービスを認識できなくなるからです。

設定ファイルができてくれば利用前にインストールすることで利用できるようになるのですが、多くの格安SIMでは数日程度かかるケースも少なくありません。

ただし、すべての格安SIMサービスで利用できないわけでもなく、バージョンアップしてもすぐに使えるサービスもあります。

そのため、IOSが新バージョンになってもすぐにはアップデートせずに利用している格安SIMサービスのホームページで確認しておきたいところです。

2つめの注意点は端末です。特にiphoneはiPhone7/7PlusやiPhoneSEなどの新型が出た際に格安SIMで利用できない場合があります。

NTTドコモ系のサービスでは問題とならないケースが多いのですが、通信キャリアで買った端末を利用する場合は各通信サービスのホームページで動作確認をしておきたいところです。

AU系のサービスであるmineoやuqmobileでは対応するまでに時間がかかったので要注意です。

また、通信はできてもテザリングができない端末がAU系の端末で出てきています。

SIMフリー機やNTTドコモ系の端末ではテザリングは使えるのですが、OSのバージョンアップがあっても利用できないままのAU系のiphoneが存在しています。

また、両回線ともにVoLTEには対応が遅れていますので基本的に通信は3G回線で行うこととなります。

AU系の端末であっても格安SIMサービスでテザリング以外は問題なく動作することが多いですが、動作保証が取れてからバージョンを上げたり、本体を購入することをおすすめします。