uqmobileでau版のiphone5sやiPhone5cは使えますが、一部制限がかかっています。au系の回線を利用する格安SIMについてはテザリングとiOSバージョンが重要なポイントとなります。au系の格安SIMサービスはuqmobileとmineoがサービスをしています。また、au系の回線を利用しようと考えるサービスも増えてきています。ただし、iphoneについてはかなり厳しい対応となっている場合が多いので注意が必要です。
au系の格安SIMであるuqmoibleやmineoでiphoneを利用する場合はSIMロックの有無に関わらずテザリングが利用できません。これはiOS10であっても最新のiphoneであっても同様です。テザリングについてはau回線側で制限をしていると言われており、uqmoibileもmineoも設定できずにいます。ただし、Android機については使えるので注意しておきたいポイントです。テザリングについてはauで利用する場合は有料オプションであり、このことも関係していると考えられています。
au系の格安SIMでauで販売されたiphoneを利用する場合はVoLTE対応SIMカード機でも注意が必要です。auでは一般的なナノSIMとVoLTEと言われる新規のサービスに向けたSIMが用意されていますが、iOSバージョンによっては利用できるまでに時間がかかるケースがあったようです。今後もバージョンアップがあった場合は各格安SIMが提供する情報が出てからバージョンアップすることをおすすめします。また、アップルなどから販売されているSIMフリー機はさらに注意が必要です。iphone7などではナノSIMを利用すると090番号と言われる通常の電話が使えなくなっている期間が長くなります。従来はSIMフリー機はテザリング以外は利用できることが多かったのですがVoLTE対応については機種ごとに対応が分かれてしまっています。格安SIMサービス側で対応が難しい部分もあるようなので利用にあったっては動作確認が重要です。
iphone5sやiPhone5cについては十分に対応が進んできており、テザリング以外はiOS10でも使える状態ですが、今後のiOSバージョンについては保証されていないのでバージョンアップはすぐに行わないことが大事であり、ホームページなどで確認がとれてからしたいものです。