Uqmobileやmineoなどのau系の通信回線を利用している格安SIMではiphoneは使えますが、制限とiPhone使える種類(端末)があります。

データ通信ではiPhone使える種類(端末)はほとんどのauで販売されたiphoneとアップルが販売しているSIMロックフリー機のiphoneです。

ただし、両者ともにテザリングは格安SIMサービスでは使えませんし、今後も使えないと予測されています。

音声通話についてはiphone7、iphone7Plusについてau版iphoneなら問題なく音声通話できるのですが、SIMフリーiPhoneについてはau VoLTE SIMでないと090などの番号でかける音声通話ができますが、通常のナノSIMを利用する場合は音声通話ができなくなっています。

au版iPhoneでは起こらない現象なので注意したいところです。

au系の格安SIMサービスであるUqmobileやmineoではNTTドコモ系の格安SIMサービスに比べて制限が若干多いです。

特にiphoneについてはiOSバージョンアップによって使えない期間が多くなってきています。iOS10の場合はVoLTE対応などもあり、対応機種が公表されるまでかなりの時間がかかりました。

特にiphone7やiphone7plusとも関連したので混乱が生じています。

そのため、iOSバージョンアップや新機種を導入する場合は各格安SIMサービスで提供される情報をしっかり確認してから購入したりサービスに加入することをおすすめします。

Uqmobileは比較的早くiOSバージョンに対応している格安SIMですが、アンドロイド側はほぼ制限がなく、すぐ利用できることが多いのでiphoneでも大丈夫と考える方がとても多いので注意が必要です。

また、過去のバージョンならテザリングも使えると考える方もいますが、UqmobileもmineoもAU回線側ではテザリングがiphoneで利用できないので注意したいところです。

NTTドコモ系のSIMサービスでは起こっていない現象です。

また、SIMフリー機を利用してもテザリングの制限があるのも重要なポイントです。

Uqmobileやmineoでテザリングを使いたい場合はAndroidを利用することになります。

ただし、SIMフリーのiphoneをmineoのNTTドコモ回線で利用する際は制限がなくなります。