uqmobileでもmineoでもiphone7やiPhone7Plusについては対応が機種ごとに分かれてしまっています。

iphone7とiPhone7PlusについてはiOS10ではSIMロックがかかっているAU端末ではテザリング以外は利用できますが、SIMフリー機の場合は090の音声通話ができない機種が存在しています。

これはAU系の回線がVolte対応が進んできたことでSIMカードがナノSIMとVolTE対応SIMとに別れており、ナノSIMとiphone7、iPhone7Plusの対応が変わっているからと言われています。

そのため、SIMフリー機についてはuqmobileもmineoもナノSIMでの運用では090の音声通話に対応していないと公表しています。

au VoLTE SIMについてはauで販売されたiphone7やiPhone7Plusは090音声通話ができるのでややこしい対応となっています。

uqmobileやmineoではアップルから販売されているSIMロックフリー機を利用する方も多いのですが、iphone7やiPhone7Plusなどの機種のように新たにSIMカードでの対応が増えている場合は注意が必要です。

AUでの対応はアップルと蜜に対応するのでiosのバージョンアップで対応が可能ですが、格安SIMサービスはほぼ対応が後手に回ります。

そのため、IOSがバージョンアップを公開してからの対応となるのでバージョンアップは少しの間待つ方が懸命です。

各格安SIMで対応ができれば構成プロファイルと呼ばれる設定ファイルが用意されますので使える用になります。

構成プロファイルはNTTドコモ系の格安SIMでも用意されることになりますが、IOSのバージョンアップ後に作成されるのは同じです。

格安SIMはバージョンアップ後、2,3日で対応してくれることが多いので待つことをおすすめします。

バージョンアップで不具合が出やすいのは音声通話です。

データ通信だけの契約だとしても不具合が出ることもありましたので基本的には動作保証が出るまで待ったほうがよいです。

au系の格安SIMサービスではiphoneではテザリングがどの機種もできません。アンドロイドはできるので対応が分かれています。

これはau側でテザリングが有料サービスであることからAUの回線を利用していると制限されてしまうので格安SIM側での対応は難しいようです。